トップ >> ケース3 緊急予備資金の準備

ケース3 緊急予備資金の準備

  • 多くの経営者が口にする共通した悩みがあります。それは、「銀行が、以前と違って“すぐには”お金を貸さなくなった」ということ。 決して貸し渋られているわけではないが、今日の明日では貸してくれなくなった、ということです。

    この原因としては、支店長の決裁権限が挟まり、融資が本部承認に切り替わった等々の影響が大きいと言われています。

    貸してはくれるが、融資を依頼してから2週間くらいかかる。そこが心配の種です。

    たとえ黒字であっても、業績が順調であっても、資金繰りの不安は常について回るものではないでしょうか。得意先からの入金が突如遅延したり、不渡り手形をつかんでしまったり・・・リスクを考え出すと枚挙に暇がありません。

    もしもそんな事態になった場合、もし、すぐにお金を融資してくれる“自身専用の銀行”のような『何か』があれば、悩みの解消につながるはずです。
    ただし、そんな都合のいい話があるのか・・・という所ですが、実はここでも、生命保険を利用することで対応が可能になります。

    経営者の退職原資を生命保険で積み立てたとしたら、一時的な借入枠を自動的に作ることが出来ます。 もしも資金繰り上、不測の事態が生じた場合は、生命保険の解約返戻金の9割までを「契約者貸付」として受け取ることが可能です。そして、銀行の融資が実行されたら、契約者貸付を返済すれば、保障も変わらずに準備しておくことが出来ます。

    保障を用意しつつ、緊急時にもお金が手当てできるという安心感は非常に大きいのではないでしょうか。

    最近は中堅中小企業でも、コミットメントラインを設定する企業が多いことからも、資金繰りに関して不測の事態に対する備えを重要視している企業が多いことがうかがえます。

    生命保険を活用して退職金の積み立てを行えば、コミットメントフィーを支払わずとも、不足な事態に備えられるので、まさに「資金繰りの保険」とも言えます。

    ※ただし、契約者貸付の割合等は、保険会社や商品によって異なる為、法人契約として活用できる有効な保険商品であるかどうかは慎重に選択することが重要です。

まずはプロのコンサルタントに無料相談してみましょう!無料相談のお申し込みはコチラ

このページの上部へ