トップ >> ケース2 資金効率と万一の備え

ケース2 資金効率と万一の備え

  • 生命保険で退職金の積み立てを行う・・・というメリットをCase1でご紹介しましたが、実はそのメリットは単純に「退職金の歩留りの良さ」だけではありません。資金効率の観点からも、非常に有効です。

    保険料が損金処理できて、かつ貯蓄性がある保険のメリットは、あくまで「保険である」ということです。 仮に、保障額が1億円、保険料の1/2が損金算入できるもので、100%お金が貯まる保険だと仮定すると、払った保険料が全額戻るということになります。つまり、一億円の保障に対する保険料が実質的にかかっていません。

    もし、掛け捨ての保険で1億円の保障を確保した場合、経営者の年齢にもよりますが、かなり高額の保険料を支払うことになります。しかも、在任中の長期間にわたって払い込みが続くため、資金的にはかなりのロスが発生する事態に。

    保険は保険、貯金は貯金、と分けてしまうと、資金効率がどうしても悪くなってしまいます。 ただでさえ発生する税金の支払い、それに加えて掛け捨ての保険料。 貴重な経営資源の社外流出を防ぎ、賢く効率的に資金管理を行う、この観点からも保険での準備は極めて理に適っていると言えます。

    また、経営者や役員の交代には会社存続のリスクが付きまといます。特に勇退退職よりも深刻なのが、突然の死亡による死亡退職の場合です。 運転資金の不足、返済資金や死亡退職金の支払いの為の原資の確保など、いつ起こるかわからないリスクに備える為には、生命保険の活用は必須であり、それをいかに効率的に確保するかが重要と言えます。

    また、生命保険で万一の備えと退職金の準備をあわせて行うことにより、勇退退職であれ、死亡退職であれ、実際に退職金を支払う際に、企業の決算に与える影響を極小化することが可能になります。

    もし、経常利益1,000万円の会社が、経営者の退職金を銀行預金で積み立て、経営者の退職時に1億円の退職金を支払った場合、利益1,000万円-1億円=9,000万円という、大赤字状態の決算となってしまいます。 銀行から借り入れを行っている場合は、信用格付けに影響し、格下げ等、融資利率の引き上げや融資体制の変化等、ゆゆしき事態に発展する懸念が無いとも言い切れません。

    特に勇退退職であれば、ある程度タイミングを図ることも可能ですが、先ほどもお伝えした通り死亡退職は突然の事なので、その時の準備の状態や経営状態とは関係なく、退職金の支払いが発生します。

    そのリスクに対して保険料全額損金の保険で積み立てしていた場合、保険会社からお金を受け取る際に、受取額と同額の利益が計上されるため、決算に与える影響がなくなります。
    保険料の1/2が損金の保険であったとしても、受取額の1/2が利益計上されるため、決算に与える影響は半分に軽減できます。 今、銀行は昔と違って『支店長の裁量ではなく、信用格付けで判断する』時代。決算に与える影響を極小化することは必須となっています。この観点からも、生命保険で積み立てる意義は非常に大きいと言えます。

まずはプロのコンサルタントに無料相談してみましょう!無料相談のお申し込みはコチラ

このページの上部へ